ランチェスター戦略に対しての批判

ランチェスター戦略に対しての批判

ランチェスター戦略におきましては批判もいくつか挙げられています。
例えば、その批判の一つとしてランチェスター戦略だけを実践しても成功は手に入らないということです。

たったひとつの戦略を駆使したところで成功が手に入るなど、ビジネスというのはそんなに甘くありません。例えば『Oh。PC』『Oh。MZ』なども、現在では廃刊です。
PC8000シリーズ、MZ-80Bシリーズなどは、今ではマニア以外売れていませんので、その専門誌も当然売れるはずがありません。

その他の批判としましては、ランチェスター戦略における「地域No.1を目指せ。」というやり方が、インターネット通販の現代ではもはや通用しなくなってきているということであり、素晴らしいご指摘だと思います。

一昔前までは大企業の力が手薄気味の地域だけに特化するっという方法は確かに有効的でした。
しかし、インターネット通販が全盛期の今、商圏は全国となることから、地域ターゲティングでは意味が無いのです。

何かの商品に特化したビジネスというのは、現在でも有効で、昔以上に効果的かもしれません。
「このホームページは、マフラーだけを取り扱っている専門のサイトです」といったような商品に特化しているホームページは非常に強い傾向にあります。

商品に特化したビジネスを進めていくのが、インターネット通販時代におけるランチェスター戦略の使い方になります。